ローンをする時に関係がある総量規制の制度

ローンをする時に知っておいたほうがよい制度として、総量規制と呼ばれるものがあります。この総量規制については、銀行のような金融機関は対象とはなっていないものの、一般にお金を借りる場合にはよく利用されている、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などは該当していますので、気をつけたおいたほうがよいでしょう。
総量規制というのは、ローンやキャッシングなどとしてお金を借りる時の総額が、その人の年収の3分の1にあたる金額を超えてはならないという制限のことをいいます。このような制度がなぜできたかといえば、消費者金融が全盛であったころ、サラリーマンなどがあまりにも気軽にローンなどの借金をしすぎて、ついには多重債務の返済に困って自己破産をするケースが増えて社会的な問題となったことに由来しています。
ローンの申込みをしようとする際には、源泉徴収票などの収入証明となる書類の提出を求められることがありますが、それも総量規制による条件を満たしているかどうかを確認するためのものです。もしも年収の3分の1を超えるような希望金額を提示して総量規制と言われているものではない融資のローンを組もうと考えても、消費者金融での審査の段階で、収入証明書からそのことがわかってしまいますので、結果としては断られてしまうということになってしまいます。銀行などの金融機関は貸金業者ではありませんので、このような制約をのがれることができますが、同じような審査があることは想定しておいたほうがよいでしょう。