三井住友銀行カードローンの一次審査の内容は?

三井住友銀行カードローンではまず仮申し込み書を提出します。これは郵送や窓口で行なうほかローン契約機やホームページ上に入力することも含みます。それを通過しますと返信があります。そして在籍確認などを行なった後本審査があり、それで合格しますとローン専用カードが発行され、ATMで借り入れが可能になるという流れになります。つまり仮申込み書での判定がいわゆる一次審査ということになります。

三井住友銀行カードローンは審査が速くて最短30分審査が特徴の一つになっていますが、これは本審査までを含みます。ということは一次審査はさらに速く、受け付けてから10分ほどで最初の返信が可能ということになりますが、これは三井住友銀行がキャッシング会社と提携していることに理由があります。

この大手キャッシング会社は現在三井住友銀行のグループの一員ですが、三井住友銀行カードローンの保証会社になっています。この会社はカードローンのような無担保ローンの最大手の一つですのでその経験上審査が速いですし、自社のサイト上で申し込み前の目安となる簡単な審査を行なっています。これは生年月日と年収と現在の他社借り入れ状況の三つを入力しますとキャッシングの申し込みが可能かどうかがすぐにわかるというものです。三井住友銀行カードローン自体にはこの事前簡易審査のシステムはないのですが、仮申し込み書の段階でこの三つを書き込む欄がありますので、提携キャッシング会社のこれを用いて短時間に判定をしているというわけです。

この三点でのチェックが三井住友銀行カードローンの一次審査の内容となります。これを通過しますとすぐに電話で返信があり本審査を経てカードが発行されます。一次審査の速さが、三井住友銀行カードローンの特徴の最短30分審査を実現させています。